外壁塗装

●外壁塗装のタイミング
家の外壁は、毎日直射日光や風雨にさらされ続けます。
かなり過酷な環境に置かれ続けるわけですから、日々確実に塗装が劣化していきます。それを放置したままにしておきますと、建物本体にまで被害が及んでしまうようになります。
したがって、外壁の撥水性が消滅してしまう前に外壁塗装を施す必要があります。
一般的には10年周期で外壁塗装を行うと良いと言われています。ただし、板張り外壁の場合には5~7年周期が望ましいです。

●塗装に適した季節について
塗装業者に塗装を依頼すると、職人の手配がつき次第、すぐに作業に取り掛かってくれるのが普通です。
「今は時期が悪いから」と言って工事の依頼を断るような業者はまずいません。しかし、塗装に適さない気候条件が存在するのは事実です。
塗料の缶やカタログには、気温が5℃以下もしくは湿度が80%以上ある時は塗装を避けた方がよいという注意書きがあります。
つまり、真冬や梅雨時は避けた方がよいということになります。

●外壁塗装の適正価格
外壁の塗装時にかかる費用の計算は、施工面積で決められるようになっています。
多くの場合、1平方メートルあたりの単価が決められていて、それを基準にして決められます。
ただし、この料金に含まれるのは材料費と職人さんの人件費です。それ以外に、足場仮設費用や諸経費がかかります。
ただし、頻繁に依頼する工事ではありませんから、費用相場がわからないという人が大半です。適正価格を知るには、相見積もりを取るという方法が有効です。

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし